クレームのないウェディンプランナー

クレーム

ウエディングプランナーの仕事は人を相手にする仕事ですので、大満足をしてもらえるのかそれともクレームをつけられてしまうのかは、働き方次第で変わってきます。流れ作業のような形で仕事をしていると、事務的な対応になってしまうことになり、お客様の気持ちに寄り添った仕事をすることが出来ません。お客様が何を求めているのか、どうしてもらいたいのかという気持ちを汲んだ対応をすることが出来れば、クレームをつけられることもなく、満足してもらえるようになります。

クレームをつけられることが多いウエディングプランナーの仕事ぶりとしては、いい加減な対応ばかりをしている人です。次回までに調べておくと約束したことを忘れてしまっていたり、予算に合わない演出などを進めてかなりの予算オーバーをしていると、お客様は不安な気持ちになりますのでいい対応をしてもらえたと思われなくなります。打ち合わせの時にいい加減な事ばかりをしていれば、当日の進行が打ち合わせと違うといったことが起きる場合もあります。

打ち合わせと違う進行をされてしまえば、新郎新婦の大事な一日は取り戻すことが出来なくなります。後から大問題にならないために打ち合わせをしっかり行い、信頼を得ることです。